[スレッド全体]

[16422] Re3:Xブランカの垂直J中Kツイート 返信する 削除

投稿者名: SPR@奈良
投稿日時: 2016年10月26日(水) 20時08分07秒

▼ 中級者をめざすリュウさん

> 返信ありがとうございます。
> 中Kと確信できる理由はありません。勝手に思い込んでました(しいていえば当てられたときのダメージの大きさや蹴りの速さを見て中Kなのかなと)
> リュウがガードしてた場合は当たらない距離ですが、波動拳を打とうとすると当たる距離になります。


まず、ブランカの垂直Kですが、

小K→足の裏から足首に喰らい判定がなく、足首は無敵。持続が長め(ずっと出っばなしではない)、ダメージは小さめ。

中K→足首(アンクレットの辺りまで)喰らい判定があり、攻撃判定は足の裏のさらに先まである。持続は短め、ダメージは大きめ。

で、一長一短なのですが、返しかたに困るほど強いのは小Kではないかと思います。これは斜め下からぶつかってもなかなか勝てません。

飛中P→一段目の腕部分の横に広い攻撃判定が強い技なので、近いと頭の喰らい判定を蹴られます。

飛・垂大K→下方向には攻撃判定に守られて強い技ですが、上半身には喰らい判定しかなく、特に近間の空対空には向きません(Sリュウだと逆になります)

空中で直接落とすには、上半身の喰らい判定に攻撃を当てなくてはならないので、歩きや前大Pで出きるだけ真下に近づき、近大PやKと言った、上方向に攻撃判定が突出する技を早めに出すか、ギリギリまで引き付けて昇龍拳の無敵時間を当てます。

また、ブランカは着地リバーサルで出す強力な技がないので、ガードですかる距離ならば、無理に落とそうとせずに、着地に投げや無敵技を絡めた択を仕掛けたり、下中P→波動をガードさせて仕切り直すのも有効です。

[▼次のスレッド]
Cyclamen v3.84